AGAは男性の薄毛の原因となりそれに特化したAGA治療薬も存在しています。しかしあくまで男性の薄毛に対して特化した治療薬となっており、女性への使用は危険とされています。
日本ではAGA治療薬として医薬品ではプロペシアが取り扱われており、医師の処方と薬局での購入のみが入手方法とされています。
また他にもAGA治療薬はあり、プロペシアと併用されるものとしてはミノキシジルと呼ばれる薬が存在します。これらの併用により、AGAに対してより高い発毛効果を引き出してくれます。

また薬の多くは併用禁忌とされる成分や薬が多いです。実際にプロペシアでも併用禁忌にあたる成分がないかは検証されていますが、現状では併用により健康に大きな影響を及ぼすものは認められていないとされています。
過剰摂取によって健康面への被害が出る可能性はありますが、適切に使用すれば併用禁忌の心配はせずに使用が可能となります。
しかし禁忌事項として女性への使用は危険が大きいです。AGA治療薬は男性ホルモンの働きを抑制してくれますが、特に女性には男性ホルモンが少ないです。
その中で使用してしまうと女性用に製造されていないことからも健康被害を起こしてしまう可能性が大きいです。
特にプロぺシアに関しては内服薬の為、体内で吸収されてしまうとホルモンバランスの崩れを起こしかねません。その結果、生理周期に乱れや女性ホルモンの機能異常により薄毛が進行してしまうという可能性もあります。

薄毛の薬としてAGA治療薬は普及していますが、女性に対してはその効果を発揮しないことからも誤解をせず認知しておかなくてはなりません。また自宅で管理している際は誤飲しない様に注意も必要です。
管理方法に関しても触れることも危険とされています。触れることで皮膚からの成分を吸収してしまう可能性もあります。また頻繁に触っていると自然と体内に取り込まれる頻度も増えてしまいます。
その結果、女性としての機能に異常をきたしてしまう可能性もあることからも危険性を理解しておく必要があります。

また男性側がプロぺシアを使用している場合、その男性との性交渉に関しては特に問題ないとされています。
プロぺシア内に含まれる成分は男性の体内で吸収されて、精子や体液によってその成分が相手へ流れてしまうということはありません。
その結果、女性が妊娠しても胎児への影響はない為、男性側が使用する分には女性は特に心配は必要ありません。

胎児や産まれてきた子どもへの影響とは

プロぺシアを使用している男性と性交渉して妊娠し、子どもを宿しても特に問題はありません。
男性が内服しても体内で吸収されることと、精子に対して機能異常を起こすことはない為、安心して受精することが可能です。妊娠中の女性がプロぺシアに触れることは非常に危険とされています。
プロぺシアにはフィステナリドと呼ばれる成分が含まれており、妊婦が触れてしまうと体内に吸収されて胎児の生殖器の発達に対して異常をきたしてしまいます。
また接触と母体への成分の吸収により胎児のホルモンバランスに問題をきたす可能性があります。そのため子どもが男性の場合、男性ホルモンの割合が少なくなってしまい、中性的な状態で成長してしまうリスクがあります。

胎児は母体から栄養を吸収して成長していきます。そのため妊婦が誤って触れてしまうとそれが栄養として胎児に届く為、その後の発達にも様々な弊害を引き起こしかねません。
男児のホルモンバランス異常は中性的な特徴だけでなく様々な発育異常も引き起こしかねません。
妊娠中は特に注意が必要ですが、出産後に関しても同じことが言えます。特に身体の発達が未熟な思春期前の子どもはホルモンの作用で身体的特徴を形成していきます。
そのためその時期に触れてしまうと男性ホルモンの働きが抑制されて男性的特徴の発達に問題を問題をきたしかねない為、注意が必要となります。