AGAの治療では、薄毛や脱毛を抑制し、発毛と育毛を促進することを目指しています。
そのための治療法として、最も多く行われるのがプロペシアやミノキシジルを使った薬物療法で、これらを使うことで、AGAを引き起こす、ジヒドロテストステロンの生成を抑止したり、頭皮の血行を良くして育毛を促進したりするという効果が期待できます。

また、この他の治療法としては、育毛に効果的なさまざまな薬剤を注射などを使って体内に注入して、細胞の活性化を図るようなメソセラピーがあります。そして、この場合は、それぞれの症状に合った薬剤を利用できる可能性が高いと言えます。

さらに薬物以外の治療法としては、自毛植毛を利用することもできます。
自毛植毛では、後頭部や側頭部などの男性ホルモンの影響を受けにくいところの毛を摂取して、薄毛の部位に移植することになりますが、自分の毛を使うので皮膚の抵抗も生じにくく、自然な仕上がりも期待できます。
ただ、この場合は毛が生えそろうまで早くても半年程度かかりますし、費用も高めなので、実績のある優秀なクリニックを選んだ方が良いでしょう。

この他のAGA対策としては、マッサージも挙げられます。マッサージは頭皮の血行を良くするので、脱毛を予防し、育毛を促進する効果も期待されますが、ただ、この場合は正しいやり方で行うことが大切です。
力を入れ過ぎたり爪をたてたりすると、逆効果になってしまうので、正確なマッサージのやり方をきちんと調べてから実践する必要があります。
また、マッサージだけでなく育毛シャンプーを使うなど、相乗効果のある方法を行うようにするのも良いでしょう。
以上のように、AGAの治療や対策としてはいろいろなものが考えられますが、特に大切なのは自分の場合に適した治療法を行うことです。
そしてそのためには、いろいろなクリニックの情報を集めて比較検討したり、口コミをチェックしたりして、自分の症状や希望に合うと思われる医療機関を選ぶと良いでしょう。
なお、その場合は、無料相談を行っているクリニックが多いので、まずそのようなところで相談してみると、そこの治療方針や自分のAGAの状態が分かり、非常に参考になるはずです。

また、良いクリニックを選んだ場合のメリットとしては、薬などの治療法の他に日常生活での注意点なども指導してもらえるということが挙げられます。
AGAの進行を止めるには普段の生活習慣の改善も大切なので、そのような分野に関しても納得のいく説明をしてくれるクリニックを選ぶことをお勧めします。

近くにクリニックがなく通販で薬を取り寄せる時の注意

AGAの場合は、クリニックに行って症状を診てもらうと効果的だと考えられますが、実際には通えるようなクリニックがないこともあり、そんなときは通販を利用するという方法があります。
そして、通販の場合は直接海外から輸入することも可能であり、ドラッグストアなどでは買えないような治療薬を手軽に購入することができます。
このように通販で薬を取り寄せる場合は、時間や手間がかからず、クリニックを利用するより費用の面で安くすむので、上手く利用できればメリットは大きいと言えます。
ただ、その反面、薬の安全性については自己責任になってしまうので、購入前に成分などをしっかりと調べて安全性を確認したり、飲み合わせに注意したり、服用の場合の注意点をきちんと把握して飲むことなどが重要になってきます。

また、これらを飲んで、かゆみ、発疹などの副作用が出た場合は、すぐに飲むのを中止する必要があります。
そして、通販でこの種の薬を購入する場合は、そんな可能性があることを認識し、そのようになったときに行ける皮膚科の病院なども調べておくと良いでしょう。
なお、海外から通販で薬を購入する場合の注意点として、個人輸入では購入者本人の使用目的でしか購入は許可されないということがあります。
ですから、申し込む場合には、この薬を使用する本人の名義を使うことが必要になるので、この点は特に覚えておくべきでしょう。