AGAというのは男性型脱毛症のことです。男性によく見られる薄毛の症状で、髪の毛のボリュームが無くなってきたり、髪の毛が細く弱くなってきたりして薄毛になってくる症状です。
一般的にAGAは30代から50代によくみられ、時間とともに進行するという特徴があります。
AGAになると髪の毛の頭頂部分が円形に薄くなってきたり、前髪の生え際から徐々に後退して髪の毛が薄くなってくるという特徴がみられますが、その原因としては、男性ホルモンの影響があります。
男性ホルモンの一種であるテストステロンは男性らしさを出す役割があります。
この男性ホルモンが活発になるのは思春期を過ぎた頃からですが、その一種であるテストステロンが酵素の働きによって変化してしまい、毛乳頭細胞にある男性ホルモンと結びついてしまうと正常なヘアサイクルを乱してしまうことが原因だと言われています。
男性ホルモンの分泌については遺伝の影響もあります。男性ホルモンはその体質が遺伝することがあるためです。ただ必ずしも遺伝するというわけではなく、薄毛になりやすい体質となるかどうかということです。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、正常であれば4年から6年といったサイクルで髪の毛は抜けかわります。
このヘアサイクルが正常であればいつまでも髪のボリュームを保つことができるのですが、男性ホルモンの影響によって乱れてしまうことで髪に変化が生じるのです。
ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛は成長期に伸び、この成長期が長ければそれだけ太く強い髪の毛となります。しかし髪の毛はいつまでも伸び続け成長するわけではありません。
ある程度毛根が太く成長すると、やがて後退期を迎えます。毛根が完全に退化すると休止期となり、やがて髪の毛は抜けることになります。
髪の毛が抜けた毛乳頭からまた新しい髪の毛が生えて成長期を迎え、正常なヘアサイクルであれば髪のボリュームを保つことができますが、ヘアサイクルの乱れによって成長期の期間が短くなってしまい細く弱い髪の毛になってしまい早く抜けてしまうことになるのです。
AGAの特徴はまず髪の毛のボリューム感がなくなってくるのですが、それがヘアサイクルの乱れの始まりで十分に成長しない髪の毛が増えてきてしまうのです。
その結果細く弱い髪質となってボリューム感がなくなります。AGAの特徴としてはその症状は進行します。男性ホルモンの影響や遺伝の関係もあり、ヘアサイクルの乱れをなおすことが必要です。

家族にAGAがいないのにAGAになる理由

AGAの原因としては男性ホルモンが挙げられており、その体質は遺伝することがあります。しかし家族にAGAがいない場合でもAGAになることがあります。AGAには様々な要素が複合的にからまりあっていることが考えられます。
髪の毛の毛根には毛乳頭がありますが、ここに頭皮の毛細血管から血液を通じて栄養が送られています。そして、この栄養を元に髪の毛は成長します。
毛乳頭は髪の毛を成長させるために必要な組織なのですが、生活習慣の変化やストレスによって、頭皮の毛細血管の血流の流れが悪くなってしまうと、毛乳頭が正常に機能しなくなってしまうのです。
生活習慣では食生活の変化、睡眠不足や喫煙などの影響が考えられます。髪の毛は成長するために栄養が必要となりますが、インスタント食品や油物が中心となった食事では毛乳頭への栄養分の補給不足となります。
睡眠不足や喫煙、運動不足なども毛細血管の血流を悪くしてしまうために影響があります。
また過度なストレスも心身に様々な影響を及ぼすことになり、自律神経の影響などによって血管が収縮して毛乳頭への血流も悪くなってしまうのです。
AGAは男性ホルモンの影響や遺伝だけではなく、生活習慣の変化やストレスによる影響もうけ、原因のひとつと考えられています。