ハゲは多くの方が抱えている問題であり、最近では年齢を問わず発症してしまうものとして取り扱われており、中には高校生で症状を認めることもあります。
高校生の場合は特に男性に発生していることが多く、その場合はAGAによって若ハゲを引き起こしているケースが多いです。
AGAは男性ホルモンの一部が変成してしまい、発毛を抑制する働きを担ってしまう疾患のことです。これは体質的要因が大きく関わっており、一般的な育毛剤やシャンプーでのケアではなかなか満足いく効果が得られにくいです。
そのため専門機関での治療を行う人も多いです。
しかし高校生の場合、若ハゲであることに加えて治療に対しての抵抗もあるという声も多いです。そのため髪型を工夫することで上手く若ハゲを隠している人も多いです。

AGAでは若ハゲが出現する部位は前髪~つむじにかけて出現しやすく側頭部や後頭部は比較的毛量が保たれていることが多いです。またまんべんなく症状が出ることもあれば部分的に出現することもあります。
隠し方の例としては前髪の場合、頭頂部の髪の毛を出来るだけ伸ばして前髪まで持っていきます。それにより前髪なボリュームを増やすことが出来ます。
またおでこが広い場合も隠すことが可能となります。全体的に髪が短い場合は隠さずにあえておでこを出します。その際に頭頂部の髪の毛をたてることで相対的におでこの広さをカモフラージュすることが可能となります。

つむじの部分が薄い場合、髪の毛を後ろでまとめたりオールバックにすることで前髪~頭頂部の髪の毛をつむじの部分に持っていくことが可能となります。その結果、 印象としてはつむじ部分の毛量が増すため、隠すことが可能となります。
全体的に髪の毛が薄い場合、長さで隠したり他の部分の髪の毛を持ってきて毛量を増す方法ではバランスよく隠すことが難しいです。
そのため隠し方としては髪の毛を出来るだけ短くします。短いセットだと毛量がもともと多い人でも頭皮が透けるため、目立ちにくくなります。

またカットの際も薄い部分は毛量を残し、他の部分は可能な限りすいてもらうことで全体のバランスを整えることが可能となります。
また高校生は体が未発達であり、盛んな成長に合わせて男性ホルモンの分泌も盛んとなり、AGAの進行も危惧されます。それは人の印象にも影響を及ぼし、恋愛をするときにも大きな支障となりかねません。
そのため自身の状態に合わせて隠し方を工夫することが大切です。

成人式までに若ハゲの悩みを解決しよう

AGAによる若ハゲは進行していくケースが多いです。また高校生のように思春期は男性ホルモンの分泌も多いため、短期間会わない間に大きく見た目が変わってしまうということもあります。
高校を卒業して次に同級生と会う機会としては成人式となることが多いです。しかしその間にも進行していくことと、その頃の隠し方では対応できない事もあります。そのためしっかりと若ハゲを解決していくことが求められます。

方法として体質的改善と専用薬品の使用があげられます。体質的改善としては食生活や生活リズムの改善に加え、過度な運動を止めるなどが挙げられます。
規則正しい生活を送ることでホルモンバランスも改善が可能となります。また過度な運動は男性ホルモンの分泌を促進するため、あえて抑えることで改善は可能です。
しかし元々の体質もあるため大きな変化が得られないことも多く、専用薬品の使用を勧められることが多いです。

薬品ではシャンプーや育毛剤にくわえてサプリメント等があげられます。シャンプーや育毛剤では頭皮から働きかけ、サプリメントでは体内からAGAに働きかけるためより直接的に効果を得ることが出来ます。
成人式がきっかけで恋愛に発展することもありますが若ハゲの状態では発展もしにくくなります。そのためしっかりと解決して恋愛にも備えることが可能となります。