AGAで悩む方にとっては定番の治療薬プロペシア。その効果は実証済みで安心して服用できるお薬ですが、どうしても気になってしまうのがお値段です。
クリニックによりますが、診察料を除き、ひと月分でおよそ8000円前後。驚くような高額ではありませんが、AGA治療は長い期間かかるのが普通ですから、月々の費用は少しでも押さえたいものです。
プロペシアはアメリカ製の薬ですので、格安で手に入れるには、病院を通さず個人輸入代行を利用するか、通販などで直接購入する必要があります。
ただし、個人輸入にはトラブルがつきものですし、医療機関を通さず服用して何かあった場合は買った方の自己責任となってしまいます。ただ格安に買う、というのはなかなか難しいことです。

そこで選択肢に入ってくるのがプロペシアのジェネリックであるフィンペシアです。ジェネリックとは、先行して開発された新薬(この場合プロペシア)の後を追って作られた薬(この場合フィンペシア)のことです。
有効成分フィナステリドの配合も安全性も同じであり、先行の新薬よりかなり値段が安いのが特徴です。
新薬の開発には膨大な費用がかかりますが、ジェネリックはその特許が切れた後、すでにその新薬で実証された安全性や有効性などのデータを流用できるため安く開発でき、値段も抑えることができるのです。

ジェネリックであるフィンペシアは先発のプロペシアのおよそ1/4~1/8程度の値段で買えるため、長期間飲み続けるためにこれを個人輸入して服用する、というのが一番安く上がる方法でしょう。
しかし、フィンペシアはその人気から偽物も多く出回っており、入手の際には注意が必要です。
また一時期フィンペシアのコーティング剤の色素キノリンイエローに健康に悪いものが入っている、という噂が流れました。
これはごく微量であり、毎日飲む場合でも摂取量は日本の安全基準もクリアしていたのですが、風評を鑑み現在ではその色素も使われなくなっています。
費用を抑えるために、「一日おき」「錠剤を砕いて一部を服用」という方もいますが、あまりお勧めはできません。
有効成分であるフィナステリドは一定の濃度が常に体内にあって初めて効果を発揮しますので、間をおいていては効果が得られず、本末転倒になってしまいます。
また錠剤を割ってしまうと破片が飛び散り、他の人間が触れる可能性もあります。フィナステリドは経皮吸収されるため、AGA治療をしていない方には触れさせないほうがよいでしょう。

フィナステリドが含まれるその他の商品

プロペシアの後を追うように、近年いくつものジェネリックが生まれています。
海外のものですと先述のインド製フィンペシア、フィリピン製のフィナロイド、タイ製のハリフィンやフィライドなど、どれもフィナステリド1mgの製品で、値段はフィンペシアと同じく格安です。
またフィンカー、プロスカーというフィナステリド5mgの錠剤も発売されています。フィナステリドは1日当たり1mgの用量ですから、ピルカッターなどで割る必要がありますので注意が必要です。
こういった高容量剤を割って飲むのがもっとも格安ですが、フィナステリドが飛び散らないよう分割する際には気をつけましょう。

国内製ですと「ファイザー」「サワイ」「トーワ」「クラシエ」「SN」などが相次いで発売され、それぞれ1mgと0.2mgの錠剤で販売されています。
これら国内製品の価格はプロペシアのおよそ半額、ひと月あたり4000円前後です。
フィナステリド配合のAGA治療薬は今後も需要が高いことが予想されますし、かなり長期間飲み続けるものですから今後も各製薬メーカーが参入してくることが考えられます。
その中で価格競争が生まれれば、今後も価格が下がっていく可能性があるでしょう。